採用情報

管理職 インタビュー

チーフから主任へ・・・。常に現場中心でいられるように、自分自身も磨きをかけて。

この仕事は人材がすべて。
スタッフを育てるために、まず自らのスキルを磨きました。

僕は設立当初から携わっているのですが、まさに0からのスタートでした。僕自身が知識もないですし、設立当初の10数名の中に経験者がたった一人しかいなかったんです。手探り状態の中で、今の四幸舎和会の形になるまでは相当な時間がかかりました。

障がい者支援施設の最も大切な役割は障がいのある方たちの抱えているしんどさを少しでも軽くし、本人の望みを感じとり、その実現に向けて本人や本人を取り巻く環境に粘り強く働きかけていく事です。ただそれは決して簡単なことじゃありません。知らない、分からない中では、精神的にも体力的にも、相当なストレスがかかります。ですから、耐えられずに辞めてしまうスタッフもたくさんいました。でも、人がいないと僕たちの仕事は務まりません。
スタッフは資産なのです。大嶋さんと僕は、このままじゃいけないだろうと、スタッフが辞めない環境づくりに力を入れました。

その核となるのは、支援の専門性向上と実践、そしてその結果に基づいた指導です。その為に指導する立場としてどうあるべきかを考えてきました。様々な経験の中から、やはり専門知識を学び続ける事、それを自分にしっかり落としこむ、それが重要なんだと・・・。僕自身が実践に移して、結果を出すと、意欲あるスタッフはそれを見て学んでくれます。そしてもう一つ、これまで経験してきた中で私のスタンスにもなっていますが、悩みやしんどさを打ち明けやすい環境を作り、話をする機会を増やしていくことでスタッフのメンタル面のケアをする事に力をいれてきました。

スタッフと真摯に向き合うことで、いまだに僕自身学ぶことがたくさんあり、成長させてくれました。そんなふうに10数年の月日を重ね、徐々に良いサイクルができてきて、今日の四幸舎和会があるんです。


常に成長し続ける組織でありたい。
次の目標は、チーム全体のレベルアップです。

四幸舎和会にはまだまだ沢山の課題があります。専門性を持ったスタッフが育ってきて、教育のマニュアル化が進んできた今、次に必要なのは、チーム全体のスキルの底上げなんですね。そのためには中堅スタッフ(ユニットのチーフや3~5年目)が広い視野を持つことがマストになってきます。

視野を広め、課題を見つけ、解決する。それを新人やチームのスタッフにシェアする力を付けることが必要なんです。

一つひとつのチームの能力が高まり、人を育てる力をつけることができれば、この法人全体の大きなレベルアップに繋がります。中堅スタッフを育てる仕組みが、今後の大きな課題となっているんです。

その育てる仕組みに欠かせない要素は、利用者の方の想いや支援の専門性を中心に据えた上で、その支援に携わるスタッフ個々の想いを尊重し、価値観を押し付けずに如何に指導ができるかということなんです。組織として基盤ができてきた今が、一番の頑張りどきであり、面白くなってくる時期だと思います。


自己投資ってなんだかカッコいいけど、僕も結局現場が好きなんですよね。

まだまだ四幸舎和会は若い組織です。
教育のマニュアル化ができてきたとはいえ、それもまだまだ未完成だと思っています。だからこれからも、「まずは自分が」という気持ちを大切にしていきたいですね。学びのために、自己投資は欠かさず続けていきたいと思います。どんどん施設の外に出て、セミナーなどに参加をして、スタッフにシェアをする。施設内での仕事がメインのスタッフにとって、外の世界を知ることは大切だと思うんです。

逆に、僕は現場を離れていることが多いんですけど、やっぱり一番大切なのは現場での仕事ですから、僕自身がおいてけぼりにならないように日々勉強ですね。
自己投資とスタッフとの時間を主軸に、これからも頑張りたいと思います。


1を10に変えていけるように、
努力し続けてほしい。

誰にでも欠点はあります。その欠点やできていないところを、真摯に受け止めてほしい。そして努力を怠らないでほしい。何故なら、自分の弱い部分を理解し、そこを補い続けるのがプロだと考えているからです。

若いときにしかできないこともたくさんあると思います。だから今はがむしゃらに頑張って、支援者のプロになれるよう努力してください。僕はそれを見逃さないように、そしてスタッフみんなの良いところ、弱いところをしっかりと見つめていきたいと思います。そして僕の弱いところもオープンにしていくので、どんどん突っ込んできてほしい。そしてみんなで一緒にレベルアップをしていきましょう。


スタッフインタビュー

  •  四幸舎和会で働く魅力
  • とにかくやってみたい! 新卒1年目
  • 支援のゴールは「自立」中途採用 稲田
  • 自分自身も磨きをかけて 管理職 濱