私たちの支援

TEACCH Autism Programから学ぶ

TEACCH Autism Programから学ぶ

アメリカのノースカロライナ州立大学を基盤に実践されている、
自閉症の方々やそのご家族、支援者を対象にした包括的なプログラムのことです。
自閉症を正しく理解し、その方の特性に配慮した教育や支援を行うことで、
自閉症の人ができる限り自立した行動をとりながら、
社会の中で有意義に暮らすことを目指しています。

  • 知る
  • 挑戦する
  • 環境づくり

1.知る

たとえ診断名が同 じだったとしても、一人ひとりの個性は違います。
知識だけで決め付けてしまうのではなく、実際にその方と真摯に向き合うことで、得意なことや好きなことを見つけていきます。
その結果を支援に活かしていくこと、また同時に「自閉症とは何なのか」を学び続けていくことが大切です。

2.挑戦する

個々の特性を理解した上で、その人が理解しやすい環境をつくります。
何を、どれくらいの量やるのか、いつ終わるのか、終わって次に何をするのかが分かりやすくなるように工夫しています。

例えば…
1日のスケジュールを写真やイラストを使い、ある程度の見通しを立ててもらうことができるようになります。
また、スケジュールに変更があっても受け入れがスムーズに。

3.環境づくり

人の人生を支えるということはとても大変なことです。
その人をとりまくすべての人が、同じ目的に向かってあきらめずに協力することが大切です。